よく間違える英語:「は」って「is」イコールしないよ。

私は中学生と高校生に約3年間英語を教えているんです。よく見る間違えが一つです。多くの生徒たちが「は」というのは「is」という意味するのを思います。生徒たちがそのとり考えるというのはなんでだろう。それは全然違います。このポストで明らかにしたいんです。

この問題初めて遭遇した時は高校生だった。高校2年生の頃、神奈川県の日本人の留学生が私の学校に来ました。その時私は日本文化に興味があって、日本語のことを根本的な知識を持っていた。英語で書いてある日本語の教科書で「は」が英語で意味が全然ないって習いました。だから日本語の文法の話題について話した時、日本人の留学生がとても混乱になりました。彼女は「は」って絶対に「is」という意味だと言いました。あの時に、この女性がなんで自分自身の言語のことを分からないかって不思議がった。

3年間日本に教えてから、それが大問題気がついた。日本人の先生方が適切な訳だという教えているかどうか分からない。それ場合があるなら、そんな先生方が悪いだと思います。順番的に「は」と「is]は文で同じところによく入れるけど、そんなにシンプルじゃないんです。意味が全然関係ないから、もし生徒たちにこのとおり教えるなら、彼らはずっと大き問題があるんです。

もし最初から正しくない文法を学ぶなら、あとで直すことは難しいです。それ故、一緒に使い方確認しましょう。

「is」ってどんな文法ですか?

ISは特別な動詞です。「be動詞」と呼ばれる動詞です。辞書の形は「to be」です。人で次第に変わる動詞です。この動詞はものの存在を伝わります。日本語では存在を伝わるのために「いる」、「ある」、や「です」を使います。だから、「be動詞」を訳したいなら、先の言葉一つが必要です。

普段に「be動詞」の現在形か過去形見られます。下記のリストを見てください。

   人                                                                現在形                 過去形

  I     私                                                                am ですいる                 was でしたいた

  we / they 私たち / 彼ら                                 are    ですいる                                                               were でしたいた

  he / she / it      / 彼女 / それ                        is       ですいるある                                                   was でしたいたあった

*気を付けてー「it」は生きてないものだから、「いる」使わないべきです。

「be動詞」の使い方をちゃんと分かるように、例文を見ましょう。

部屋内でいます

There is a cat in the room

昨日その机の上にペンありました

There was a pen on that desk yesterday.

私たち学生です

We are students

じゃあ、自分自身で練習しましょう。下の英文を翻訳してみて、終わったら答え確認できます。

  1. They are my friends.
  2. My mom (mother) is a teacher.
  3. We were at school on Saturday.
  4. He was sleeping in his room.
  5. The book is in that bag.

 

Continue reading “よく間違える英語:「は」って「is」イコールしないよ。” >